-

現金化を目的として電車等の旅券等を大量決済すること・・・クレジットカードのキャッシュ化サービスというもの使わないで利用者自身が換金目的にてクレジット購入する行為も同様です。換金するということを狙ったカードの使用であれば、クレジットカードの規約違反扱いとなってしまうからです。たくさんの新幹線等の乗車チケットや切手通販によるクレジットカード決済については、ともすると換金が目的では、などというように警戒されてしまう場合なども考えられるため、注意することしたほうが良いでしょう。それから、利用時点でキャシング利用可能額が限度となられている方のケースは、旅券などを決済することにトライする時にカードの会社から連絡が来ることもあり得るから、経済状態が悪い時のカード使用についてはさせなくなってしまうと思われます。困った際においてする内容はたいてい、一緒なのだろう。カードの発行会社の立場からみて喜ばしくない使用をしてしまう>一昔前に流行った『永久不滅』のように、クレジットの会社に微塵もプラスとならないような規約に反した利用方法を行った場合、クレジット発行会社により強制失効させられるケースというのもあるのです。Web上に出回っていたカードポイントの不正入手といった世の中に知れ渡っていない秘密の方法があっても、そういった情報というのは一切クレカの規定違反になるので絶対使用してしまわないようにしないほうがよいでしょう。失効となった契約情報については流通する●クレジットを没収させられた場合でも、その他のカードというのは問題ないのだから、1枚であれば問題ないんじゃない??と考える人は、今の情報化社会においてはその考えが信用を失う心配もある。それは、強制没収させられてしまうという場合となると、カード発行会社によって入手出来てしまう個人情報というものへそういったデータが登録されるから信用というものは大幅に下る場合もあるからです。たったひとつであるとしてもクレジットを強制没収させられると以後クレカまでも審査が厳しくなる場合もありますしさらに他に持っているクレジットについても強制退会になる事態もあるのです。それは免れて継続して使用できるようでも有効期限切れ時に自動退会となることもあり得ます。兎にも角にもくどくど記載しましたが、没収という扱いになってしまう利用方法はどんな理由があってもすることがないように正しくクレジットカードを使用して頂きたいと願います。